かざみきもの学院
トップ 学院長 本校 松山校 万華鏡 イベント アルバム

<2017年6月>

 

1週間の入院生活より

 5月26日から1週間入院し、「カテーテル冷凍アブレーション」 という手術をしました。学院ホームページに、「万華鏡」 というタイトルでコラムというか私の独り言のような文を毎月5日更新しているため、入院の日は特別することもないので、原稿を持ち込み、手を入れるつもりで、6月1日衣替えの時期、季節を大切にする着物の決まり事と、地球温暖化による着る側の立場として、長くこの仕事をしてきて、経験からのさまざまな工夫を載せる予定でした。けれども病室で1日2日・・と過ごすうちに、全く別の面から大切なことに気づきました。

 私は子どもの頃からあまり病気をしたことがなく、この歳になるまで入院と言えば、高校時代の盲腸(虫垂炎)と、2度のお産くらいで、検査もあまり熱心にした方ではありませんでした。医療の面をはじめ、今の病院のシステムも分からないことが多く、個室を希望しましたが空きがなく、6人部屋の窓側になりました。充分快適に過ごせましたし、むしろこのことから、私の中で 「万華鏡」 の内容を差し替えても、今書いておきたい大切なこととなりました。

 「万華鏡」 は学院ホームページに 2005年から毎月5日更新で、学院関係だけではなく、卒業生・友人・知人の皆さんが見てくださり、メールをいただくのが嬉しく、これだけは毎月書くようにしています。

 手術はあっという間に始まり、一瞬ウトウトしている間に 「終わりました」 とのこと。 「え!これから始まるんでしょ?」 という感じでした。実際は 2時間くらいだったとのことです。その日は集中治療室に 1泊となりました。深夜に待機している看護師の方が、私が手を動かして布団がかすかな音を立てただけでも確認に来てくださり、申し訳ないくらいでした。

 退院当日の朝、早くから目が覚め、静寂の中、カーテン越しに少しずつ夜が明けていく様子を見ていてなぜか涙が出てきました。 1週間を振り返り、先生はじめ看護師の方々にお世話になったという感謝の気持ちはもちろんですが、それだけではなく、私の中で何かが変わったという思いがありました。

 2年前、以前から関心があった尊厳死の勉強会に参加させていただき、日本尊厳死協会に登録して会員になりました。このことが間違いだったと言っているわけでは決してありません。「自分が、命について真剣に考えただろうか」 という点です。
命に真正面から向かい、取り組んでおられる先生・看護師・スタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。患者はとにかく皆不安です。今回の病気・手術についてとても丁寧に説明していただきました。そのおかげで不安は全くなく、私にとって今回のことがあったおかげで、精神的にも気づき感じることがありました。

 どんな仕事も突き詰めていけば 「人」 です。ひとまとめで、数ではなく、それぞれ一人一人違います。私たちの世界でもはっきりした目標がある人、着物を通して自分を高めていきたい人、勤務の関係で授業日がなかなか合わない人、続けたい気持ちはあるけれど家族の病気などで動けない人・・・。長く生きてきたので、それぞれの事情と、ご本人の気持ちも理解できます。

 ここに来てはっきりしたことは、事業欲も名誉欲もない私でも、この道で今できること、今だからできることがあるということです。着物が好きで集まってくださるみなさんの、それぞれの事情を理解した上で進めていくこと。それが、私の大切な役割だとはっきり思うようになりました。

 今回の入院は、何かを気づかせてくれるためのものであったと感じます。病気を通して素の自分になれたこと、また、同室の方々と先生や看護師、スタッフの皆さんのやりとりも心に響きました。娘達とそのような話をしていたとき、「なんでも、良い風に考え、いい事しか思い出せない」 と言うと、手術中に、待合で姉と話した長女が、「おばちゃんが同じことを言ってた」 とのこと。いつの間にか姉妹同じような考え方をするようになったなと思うと、父をはじめ何人もの看病をして、自分は誰の手も借りず、心不全で逝った母のことを思い出しました。

バックナンバーはこちら (毎月5日更新)

渡部捷子

渡部捷子へのメールは watanabe@kazami.com まで

バックナンバー

2017年5月  それぞれの事情
2017年4月  師匠と弟子
2017年3月  変わること・変わらないこと
2017年2月  エジプトの「特活」から
2017年1月  新年に思う自分の役割
2016年12月 外国人から日本を知る
2016年11月 『自立』 経験すること 信じること 自分を知ること
2016年10月 プラス思考と「否定のことば」
2016年9月  夏の終わりに
2016年8月  私を育ててくれた人
2016年7月  神様がくれた時間 そして 「かざみ」
2016年6月  書くこと
2016年5月  「かざみだより」 から思う着付け指導
2016年4月  季節と着物
2016年3月  この道
2016年2月  日本の蚊帳が世界の子供を救う
2016年1月  成人式の着付け
2015年12月 姉から思う女性の生き方
2015年11月 母として・娘として・そして私
2015年10月 舞台衣装の着付け
2015年9月  つるの剛士さんのご両親に学ぶ
2015年8月  尊厳死
2015年7月  雪のないベルナティオ
2015年6月  一歩引くと見えてくる
2015年5月  八十八夜に
2015年4月  オフの よもやま
2015年3月  松山校 あれから20年
2015年2月  たし算ひき算・シンプルイズベスト
2015年1月  気づいてほしい・・・
2014年12月 家族をつなぐ一筆箋
2014年11月 白秋そして赤秋
2014年10月 お彼岸に・・・
2014年9月  四国遍路お接待と代行ビジネス
2014年8月  2パーセントのゆとり
2014年7月  判断基準と自分のものさし
2014年6月  季節と着物
2014年5月  散歩道
2014年4月  きものパーティー
2014年3月  歩いた道から思う 「否定のことば」
2014年2月  ウズベキスタンと日本人捕虜
2014年1月  成人式 母と娘「草」の作法
2013年12月 公開講習会を終えて
2013年11月 無形文化遺産「和食」
2013年10月 もっと素敵に!もっと快適に!
2013年9月  守りたい
2013年8月  人は生まれながらにして
2013年7月  小さな旅 瀬戸内広島
2013年6月  どの子も子どもは星
2013年5月  全国きもの指導者協会総会
2013年4月  「体罰」という言葉
2013年3月  座右の銘
2013年2月  新成人
2013年1月  漫画から学ぶ
2012年12月 たびだち
2012年11月 着物姿での動き・写真
2012年10月 秋を感じに
2012年9月  家庭科の先生
2012年8月  着物のちから
2012年7月  今、浴衣は「ゆかた」に
2012年6月  第5の着物
2012年5月  『かざみ』と梅
2012年4月  雪ときものの十日町
2012年3月  私が目指すもの
2012年2月  職人魂
2012年1月  「SANYO」の看板
2011年12月 特攻花
2011年11月 「淑女のルール」?
2011年10月 ドクターイエロー
2011年9月  ふるさと給食に思う
2011年8月  やまとなでしこ
2011年7月  断捨離と物のいのち
2011年6月  二人の女性
2011年5月  九州総会 「ハウステンボス」
2011年4月  東日本大震災
2011年3月  西から東から きものパーティー
2011年2月  おいらん
2011年1月  ソフリエ
2010年12月 成人式
2010年11月 きものの話・・お太鼓
2010年10月 彼岸花
2010年9月  母から娘への原則
2010年8月  お盆と七日裁判
2010年7月  私の 『とりあえずメモ』 ノート
2010年6月  生き様
2010年5月  今誰でもできることは
2010年4月  松山にて
2010年3月  それぞれの道
2010年2月  安心がほしい
2010年1月  今・・母の役割

2009年5月  2度目の松山総会・きものショー
2008年12月 万華鏡
2008年11月 いのち
2008年10月 仕事
2008年9月  きれいなもの・心温まるもの
2008年8月  講師試験と比叡山延暦寺
2008年7月  男のきもの
2008年6月  この街 松山 路面電車
2008年5月  新緑の朝 第4の着物を思う
2008年4月  4月 何かが始まる
2008年3月  子供に残すもの
2008年2月  雪景色と山羊座の女
2008年1月  生活の知恵
2007年12月 男と女
2007年11月 七五三
2007年10月 季節を感じる感性と演出
2007年9月  大人が学ぶ
2007年8月  優先順位
2007年7月  夏のきもの
2007年6月  明日ありと思う心の・・・
2007年5月  松江の春に 赤秋 を思う
2007年4月  植物の根っこ
2007年3月  感性で動く
2007年2月  自分の時間
2007年1月  一隅を照らす
2006年12月 成人式の振袖
2006年11月 シンプルな ものさし
2006年10月 恩師 高林三郎先生
2006年9月  愛しすぎる女
2006年8月  女を磨く 作法のこころ
2006年7月  DASH村から
2006年6月  涙のボタン
2006年5月  他人(ひと)の痛み
2006年4月  着物が教えてくれること
2006年3月  青い春と白い秋
2006年2月  小雪舞う 空を仰いで 母偲ぶ
2006年1月  お正月
2005年12月 人を幸せにする言葉
2005年11月 雪と紅葉 きものの旅 十日町
2005年10月 大人になれない大人を作る親の責任
2005年9月  初秋に思う
2005年8月  ゆかた・浴衣・湯帷子
2005年7月  「トンボが消えた」 いしだあゆみさんのお話より
2005年6月  きものショーから学んだこと
2005年5月  もう一人の私
2005年4月  「素敵な肝っ玉母さん」「がんばって!」
2005年3月  「まっすぐに立つ」二つの意味
2005年2月  女に生まれて
2005年1月  かざみ 目指す女性を梅に重ねて

 
▲このページのTOPへ
©2005 かざみきもの学院