かざみきもの学院
トップ 学院長 本校 松山校 万華鏡 イベント アルバム

<2017年7月>

 

『着物』 決まり事と、着る人のための着付けの工夫

 6月衣替えの時期にと思って用意していた内容が、入院で感じたことを先にと思い、差し替えて、こちらが7月になってしまいました。ご心配いただいた皆様ありがとうございました。万華鏡に書いたので、大分前の生徒さんからも久しぶりにご心配のメールをいただきました。おかげさまで、もうすっかり良くなりました。ありがとうございました。

 世界の情勢も大きく変わりつつある昨今、地球の温暖化等により、日本の四季も以前とは少し変わってきました。季節の移り変わりを大切にしてきた日本も、これまでのようにはいかなくなりました。季節の花も野菜も、進歩した技術のおかげで、求めれば、いつでも見られ手に入るようになりましたが、季節感を大事にする人には、そのことは認めながらも別の面から少々気になるところです。私は、日本の四季の移り変わりを大切に思っています。花も、「珍しい」とか「豪華」というよりは、平凡な花でも季節を感じるもの、庭で咲いた花を摘んで、花器を選び、その場の邪魔をしないように、さりげなく生けるのが好きです。

 前置きが長くなりましたが、今月は着物のお話です。学校や会社等、制服のあるところは、6月1日、10月1日に、一斉に夏服に、冬服にと、衣替えをしました。現在では、暑さ寒さによる移行期間がある所や、中間に着るベスト姿もあるようです。着物も季節を大切にしますので、やはり、6月1日と10月1日に衣替えをすることになっています。詳しく言うと、それまで着ていた袷の着物(裏に胴裏八掛)から 6月1日より単衣になりますが、6月は透けない単衣、7月・8月は盛夏の着物と言って透け感のある、見るからに涼しそうな夏物になります。夏が終わると逆に 9月は透けない単衣、10月1日は衣替えで袷の着物と決まっていました。
けれども着る側からいうと、このとおりでは暑く感じることが多く、季節先取りと、半月早く、5月中旬には透けない単衣、長じゅばんは袖単衣を、6月中旬には絽を着る人が多くなりました。暑い日が多くなったこの頃では、逆に秋に向かう時は季節先取りすると大変です。9月10月と透けない単衣、袷の着物と守っていくと暑くてたまらないということもあります。
以前、厳しい決まりを守り、汗だくで着ている方にお会いしたことがあります。季節感、衣替えを考えるなら、色で表現するとそれらしくなります。春から夏に向かう時は薄い色、秋に向かうには、単衣でいいから濃い色を。こんなことを考え工夫するのも着物を着る楽しみでもあります。

 長襦袢は、以前は袷が多かったように思いますが、私の時代今はほとんど、胴抜き単衣で袖だけが袷になっている袖無双です。これは、着物も長襦袢も、単衣よりも重みがあり、着物の袖底となじみやすく、また、着物は袖口も大きく開いていて、手の動きによって内側が見えることもあるので、布の表の色や柄が見えるため、そのことも計算して長襦袢の色柄を楽しむ人もいます。透けない単衣の着物には一枚の袖で軽さ涼しさ優先、盛夏の着物には、絽を中心に夏生地を。透けるので着物の邪魔をしないように、そしてまた涼しさを重視し、ほとんど白が使われます。
長襦袢もまた、着る人の工夫があります。裏がなく 1枚では、長く着ると、座ったりすることにより、しわになったり、お尻の部分で背縫いが弱くなるので、胴抜きで、後ろ身頃だけ腰から下に裏を張る方法がいいと思います。特に盛夏の着物は透けるので、後ろだけ。(前は左右2枚重なるので透けにくいので裏を張らない)

 以前よりも暑さが早くやってくるようになったこの頃、快適に過ごすため、私が実践し、皆さんに勧めているのは、単純ですが、長襦袢を一足早く夏物にすることです。5月に着ることもあります。ただ以前からある 6月1日の衣替えは大切にしています。この日から着物は透けない単衣ですが、帯や小物 半衿も夏物(絽)になります。暑い時は 5月にも着ますが 6月1日衣替えの日には半衿だけ付け替えます。着物に関係しない方はこんなこと どっちでもと言われる方もあると思いますが・・・

 もう一つ、「決まり事と、経験からの工夫」を挙げてみます。留袖の比翼についてです。
20年以上前、知人のお嬢さんが結婚することになり、当日お家の方の着付けをすることになりました。お母さんと妹さん、そしておばあちゃんの 3人でしたが、おばあちゃんが小柄で細い方で、大分腰が曲がっておられて、比翼の付いた重い留袖で大丈夫か心配になりました。着付けをする時は体をまっすぐにされるのですが、すぐに背中が丸くなり、上前の褄が長くなるので踏んで転んではいけないと思い、短めに仕上げました。その頃からずっと考えていることですが、着付けをする人にも、自己満足ではなく、その方の立場になって一番いいと思う方法ですることをこの例をあげてお話ししています。

 また、年齢・体調等で比翼の着物を重く感じるけれど、それでも留袖をという、着物を大切にしている方が多い中で、事前に比翼を付けない仕立てで、白い重ね衿だけという方法も考えてみる等、地球温暖化、着るものにこだわる高齢者が多くなってきたこと、その他諸々の現状からみても、改めて考える時期に来ていて、着物も、もっと自由に快適に着られるようにと変わっていくことと思います。

バックナンバーはこちら (毎月5日更新)

渡部捷子

渡部捷子へのメールは watanabe@kazami.com まで

バックナンバー

2017年6月  1週間の入院生活より
2017年5月  それぞれの事情
2017年4月  師匠と弟子
2017年3月  変わること・変わらないこと
2017年2月  エジプトの「特活」から
2017年1月  新年に思う自分の役割
2016年12月 外国人から日本を知る
2016年11月 『自立』 経験すること 信じること 自分を知ること
2016年10月 プラス思考と「否定のことば」
2016年9月  夏の終わりに
2016年8月  私を育ててくれた人
2016年7月  神様がくれた時間 そして 「かざみ」
2016年6月  書くこと
2016年5月  「かざみだより」 から思う着付け指導
2016年4月  季節と着物
2016年3月  この道
2016年2月  日本の蚊帳が世界の子供を救う
2016年1月  成人式の着付け
2015年12月 姉から思う女性の生き方
2015年11月 母として・娘として・そして私
2015年10月 舞台衣装の着付け
2015年9月  つるの剛士さんのご両親に学ぶ
2015年8月  尊厳死
2015年7月  雪のないベルナティオ
2015年6月  一歩引くと見えてくる
2015年5月  八十八夜に
2015年4月  オフの よもやま
2015年3月  松山校 あれから20年
2015年2月  たし算ひき算・シンプルイズベスト
2015年1月  気づいてほしい・・・
2014年12月 家族をつなぐ一筆箋
2014年11月 白秋そして赤秋
2014年10月 お彼岸に・・・
2014年9月  四国遍路お接待と代行ビジネス
2014年8月  2パーセントのゆとり
2014年7月  判断基準と自分のものさし
2014年6月  季節と着物
2014年5月  散歩道
2014年4月  きものパーティー
2014年3月  歩いた道から思う 「否定のことば」
2014年2月  ウズベキスタンと日本人捕虜
2014年1月  成人式 母と娘「草」の作法
2013年12月 公開講習会を終えて
2013年11月 無形文化遺産「和食」
2013年10月 もっと素敵に!もっと快適に!
2013年9月  守りたい
2013年8月  人は生まれながらにして
2013年7月  小さな旅 瀬戸内広島
2013年6月  どの子も子どもは星
2013年5月  全国きもの指導者協会総会
2013年4月  「体罰」という言葉
2013年3月  座右の銘
2013年2月  新成人
2013年1月  漫画から学ぶ
2012年12月 たびだち
2012年11月 着物姿での動き・写真
2012年10月 秋を感じに
2012年9月  家庭科の先生
2012年8月  着物のちから
2012年7月  今、浴衣は「ゆかた」に
2012年6月  第5の着物
2012年5月  『かざみ』と梅
2012年4月  雪ときものの十日町
2012年3月  私が目指すもの
2012年2月  職人魂
2012年1月  「SANYO」の看板
2011年12月 特攻花
2011年11月 「淑女のルール」?
2011年10月 ドクターイエロー
2011年9月  ふるさと給食に思う
2011年8月  やまとなでしこ
2011年7月  断捨離と物のいのち
2011年6月  二人の女性
2011年5月  九州総会 「ハウステンボス」
2011年4月  東日本大震災
2011年3月  西から東から きものパーティー
2011年2月  おいらん
2011年1月  ソフリエ
2010年12月 成人式
2010年11月 きものの話・・お太鼓
2010年10月 彼岸花
2010年9月  母から娘への原則
2010年8月  お盆と七日裁判
2010年7月  私の 『とりあえずメモ』 ノート
2010年6月  生き様
2010年5月  今誰でもできることは
2010年4月  松山にて
2010年3月  それぞれの道
2010年2月  安心がほしい
2010年1月  今・・母の役割

2009年5月  2度目の松山総会・きものショー
2008年12月 万華鏡
2008年11月 いのち
2008年10月 仕事
2008年9月  きれいなもの・心温まるもの
2008年8月  講師試験と比叡山延暦寺
2008年7月  男のきもの
2008年6月  この街 松山 路面電車
2008年5月  新緑の朝 第4の着物を思う
2008年4月  4月 何かが始まる
2008年3月  子供に残すもの
2008年2月  雪景色と山羊座の女
2008年1月  生活の知恵
2007年12月 男と女
2007年11月 七五三
2007年10月 季節を感じる感性と演出
2007年9月  大人が学ぶ
2007年8月  優先順位
2007年7月  夏のきもの
2007年6月  明日ありと思う心の・・・
2007年5月  松江の春に 赤秋 を思う
2007年4月  植物の根っこ
2007年3月  感性で動く
2007年2月  自分の時間
2007年1月  一隅を照らす
2006年12月 成人式の振袖
2006年11月 シンプルな ものさし
2006年10月 恩師 高林三郎先生
2006年9月  愛しすぎる女
2006年8月  女を磨く 作法のこころ
2006年7月  DASH村から
2006年6月  涙のボタン
2006年5月  他人(ひと)の痛み
2006年4月  着物が教えてくれること
2006年3月  青い春と白い秋
2006年2月  小雪舞う 空を仰いで 母偲ぶ
2006年1月  お正月
2005年12月 人を幸せにする言葉
2005年11月 雪と紅葉 きものの旅 十日町
2005年10月 大人になれない大人を作る親の責任
2005年9月  初秋に思う
2005年8月  ゆかた・浴衣・湯帷子
2005年7月  「トンボが消えた」 いしだあゆみさんのお話より
2005年6月  きものショーから学んだこと
2005年5月  もう一人の私
2005年4月  「素敵な肝っ玉母さん」「がんばって!」
2005年3月  「まっすぐに立つ」二つの意味
2005年2月  女に生まれて
2005年1月  かざみ 目指す女性を梅に重ねて

 
▲このページのTOPへ
©2005 かざみきもの学院