かざみきもの学院
トップ 学院長 本校 松山校 万華鏡 イベント アルバム

<2017年8月>

 

日野原重明医師から

 日野原重明先生(聖路加国際病院名誉院長)が、7月18日 105才で亡くなられました。100才を越えて精力的に活躍される姿が、生きがいをもって自立して暮らす高齢者の目標になり、勇気をいただいた方も多いと思います。

 キリスト教の牧師の次男として生まれ、ご自身も洗礼を受け、少年時代医師が母親の命を救ってくれたことから医学の道を志したとのことです。大学時代結核のため、長期療養も経験されています。医師になってからは初めて、患者(少女)が死を悟り、別れを告げた時、救命処置に振り回されて、安らかに看取れなかったことを終生悔いておられ、「患者のための医療とは何か、一生涯を掛けた問いとして持ち続けておられました。

 「成人病」 から生活習慣の改善により、予防につながるとして 「生活習慣病」 へと、予防医学を社会に根付かせることにも尽力されました。
アメリカでは患者の一部分だけではなく、総合的に、人格や意見をも尊重する 「全人医療」 を学び、帰国後は特に看護師の育成に力を入れ、人間ドック、終末期医療の充実、また、「命の授業」 を通じて小中学生に命の尊さを伝える等ご活躍されました。

 赤軍派による 「よど号ハイジャック事件」 のことは記憶にある方も多いと思います。この機内には日本人ばかりでしたが、ハイジャック犯は英語で話していて、福岡から帰りの先生がその会話を訳し、麻縄で縛られている人質を前に、冷静にハイジャック犯と会話をし、一方では犯人に分からないようメモで 「機体を安定させるように」 など指示を出していたとのことです。
後に赤軍派の若林容疑者が、「我々の思い上がりを気づかせてくれた恩人。できれば会って直接お詫びしたかった」 と、親族を介して手紙を渡していたことも分かったそうです。

 また、地下鉄サリン事件では、聖路加国際病院に640人もの被害者を受け入れ、救助活動にご尽力されました。(広大なロビーを設けることに当時は賛否あったようですが)

 医療は驚くほど進歩しています。私は医療のことは、無知の部類に入ります。日野原先生にお会いしたこともありません。今回は、色々な物を見たり、調べたりしました。医療が進歩しているだけに、今患者が求めているのは 「全人医療」 、これだと思います。

 私は言葉を大事にします。誰かの言葉でも、その方の生き方から出てくる言葉は心に響きます。日野原先生のお言葉の中には、人に向けた格言も沢山ありましたが、私が一番 響いた言葉です。ご自分に向けたものですが、きっと何人もの方が自分のことに置き替えて、忘れない言葉になると思います。

よき眼と耳 暖かい手と配慮の心
しみこむような言葉を持ち
患者と家族に接したい

バックナンバーはこちら (毎月5日更新)

渡部捷子

渡部捷子へのメールは watanabe@kazami.com まで

バックナンバー

2017年7月  『着物』決まり事と、着る人のための着付けの工夫
2017年6月  1週間の入院生活より
2017年5月  それぞれの事情
2017年4月  師匠と弟子
2017年3月  変わること・変わらないこと
2017年2月  エジプトの「特活」から
2017年1月  新年に思う自分の役割
2016年12月 外国人から日本を知る
2016年11月 『自立』 経験すること 信じること 自分を知ること
2016年10月 プラス思考と「否定のことば」
2016年9月  夏の終わりに
2016年8月  私を育ててくれた人
2016年7月  神様がくれた時間 そして 「かざみ」
2016年6月  書くこと
2016年5月  「かざみだより」 から思う着付け指導
2016年4月  季節と着物
2016年3月  この道
2016年2月  日本の蚊帳が世界の子供を救う
2016年1月  成人式の着付け
2015年12月 姉から思う女性の生き方
2015年11月 母として・娘として・そして私
2015年10月 舞台衣装の着付け
2015年9月  つるの剛士さんのご両親に学ぶ
2015年8月  尊厳死
2015年7月  雪のないベルナティオ
2015年6月  一歩引くと見えてくる
2015年5月  八十八夜に
2015年4月  オフの よもやま
2015年3月  松山校 あれから20年
2015年2月  たし算ひき算・シンプルイズベスト
2015年1月  気づいてほしい・・・
2014年12月 家族をつなぐ一筆箋
2014年11月 白秋そして赤秋
2014年10月 お彼岸に・・・
2014年9月  四国遍路お接待と代行ビジネス
2014年8月  2パーセントのゆとり
2014年7月  判断基準と自分のものさし
2014年6月  季節と着物
2014年5月  散歩道
2014年4月  きものパーティー
2014年3月  歩いた道から思う 「否定のことば」
2014年2月  ウズベキスタンと日本人捕虜
2014年1月  成人式 母と娘「草」の作法
2013年12月 公開講習会を終えて
2013年11月 無形文化遺産「和食」
2013年10月 もっと素敵に!もっと快適に!
2013年9月  守りたい
2013年8月  人は生まれながらにして
2013年7月  小さな旅 瀬戸内広島
2013年6月  どの子も子どもは星
2013年5月  全国きもの指導者協会総会
2013年4月  「体罰」という言葉
2013年3月  座右の銘
2013年2月  新成人
2013年1月  漫画から学ぶ
2012年12月 たびだち
2012年11月 着物姿での動き・写真
2012年10月 秋を感じに
2012年9月  家庭科の先生
2012年8月  着物のちから
2012年7月  今、浴衣は「ゆかた」に
2012年6月  第5の着物
2012年5月  『かざみ』と梅
2012年4月  雪ときものの十日町
2012年3月  私が目指すもの
2012年2月  職人魂
2012年1月  「SANYO」の看板
2011年12月 特攻花
2011年11月 「淑女のルール」?
2011年10月 ドクターイエロー
2011年9月  ふるさと給食に思う
2011年8月  やまとなでしこ
2011年7月  断捨離と物のいのち
2011年6月  二人の女性
2011年5月  九州総会 「ハウステンボス」
2011年4月  東日本大震災
2011年3月  西から東から きものパーティー
2011年2月  おいらん
2011年1月  ソフリエ
2010年12月 成人式
2010年11月 きものの話・・お太鼓
2010年10月 彼岸花
2010年9月  母から娘への原則
2010年8月  お盆と七日裁判
2010年7月  私の 『とりあえずメモ』 ノート
2010年6月  生き様
2010年5月  今誰でもできることは
2010年4月  松山にて
2010年3月  それぞれの道
2010年2月  安心がほしい
2010年1月  今・・母の役割

2009年5月  2度目の松山総会・きものショー
2008年12月 万華鏡
2008年11月 いのち
2008年10月 仕事
2008年9月  きれいなもの・心温まるもの
2008年8月  講師試験と比叡山延暦寺
2008年7月  男のきもの
2008年6月  この街 松山 路面電車
2008年5月  新緑の朝 第4の着物を思う
2008年4月  4月 何かが始まる
2008年3月  子供に残すもの
2008年2月  雪景色と山羊座の女
2008年1月  生活の知恵
2007年12月 男と女
2007年11月 七五三
2007年10月 季節を感じる感性と演出
2007年9月  大人が学ぶ
2007年8月  優先順位
2007年7月  夏のきもの
2007年6月  明日ありと思う心の・・・
2007年5月  松江の春に 赤秋 を思う
2007年4月  植物の根っこ
2007年3月  感性で動く
2007年2月  自分の時間
2007年1月  一隅を照らす
2006年12月 成人式の振袖
2006年11月 シンプルな ものさし
2006年10月 恩師 高林三郎先生
2006年9月  愛しすぎる女
2006年8月  女を磨く 作法のこころ
2006年7月  DASH村から
2006年6月  涙のボタン
2006年5月  他人(ひと)の痛み
2006年4月  着物が教えてくれること
2006年3月  青い春と白い秋
2006年2月  小雪舞う 空を仰いで 母偲ぶ
2006年1月  お正月
2005年12月 人を幸せにする言葉
2005年11月 雪と紅葉 きものの旅 十日町
2005年10月 大人になれない大人を作る親の責任
2005年9月  初秋に思う
2005年8月  ゆかた・浴衣・湯帷子
2005年7月  「トンボが消えた」 いしだあゆみさんのお話より
2005年6月  きものショーから学んだこと
2005年5月  もう一人の私
2005年4月  「素敵な肝っ玉母さん」「がんばって!」
2005年3月  「まっすぐに立つ」二つの意味
2005年2月  女に生まれて
2005年1月  かざみ 目指す女性を梅に重ねて

 
▲このページのTOPへ
©2005 かざみきもの学院